PC/iPadでの勉強のお供にJINS SCREENがいい感じ。

181014thumbnail Life

しょぼしょぼよ、さようなら。

目がよぼよぼおじいちゃん

「お、今日はなんだか仕事がはかどっちゃうな」と、調子に乗ってパソコン作業を長時間していると夜には目がおじいちゃんのようにしょぼしょぼになってしまって、ひどい時には目の奥がズキズキする疲れ目になってしまいます。

こうなると、もう気分も体調もどーんと下がるんですよね。ズキズキ、ガンガン、ズキズキ、ガンガンの繰り返し。

そういうのってブルーライトが原因で目にも体にも悪いって言うしなー。そういえば最近PCメガネが話題になっているしなー。と、頭の片隅で思っていたのですが、つい最近思わぬ発見と出会いがあって、私もついにPCメガネを手に入れました。

PC作業・勉強のお供に。JINS SCREEN

私が購入したのは、JINSの「JINS SCREEN」というシリーズのPCメガネ。

JINS SCREEN - ブルーライトに疲れるあなたの毎日に | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)
パソコンやスマートフォンといったデジタルデバイスから発せられるブルーライトからあなたを守ります。

他のメガネ屋さんからもPCメガネやレンズが出ているのですが、たまたま寄ったJINSの店舗で「これは!」というメガネに出会って、珍しく衝動買いでした。衝動買いだったけど、買って実際に使ってみると思っていたよりもとっても良くて。

迷っていたり持っていない人がいたらぜひおすすめしたい!ということで、今回はJINS SCREENについてです。

そもそもブルーライトって?

ブルーライトって良くない、となんとなーく知っているけれど何が良くないのかよくわからないという方は多いんじゃないでしょうか。私もそのひとりでした。

でも今回少し詳しく調べてみたのですが、うーん、確かにこれはPCメガネが必要。

img_1-2_bluelight

(出典:ブルーライト研究会

こちらの図はブルーライト研究会のHPから拝借したものですが、下の軸が光の波長(簡単にいうと強さ)を表しています。紫から青にかけてが紫外線、青がブルーライトで、紫外線の次に強い波長を持っていることがわかります。

肌も目も「紫外線から守ろう!」というフレーズはよく聞きますし、コンタクトや眼鏡で紫外線カットをうたっているものが多い(ほとんどそうかも)のですが、そのわりに、その次に強いブルーライトカットが標準でついているものってなんだか少ないように感じます。

ブルーライトは、画面から近いほど影響力が強くなるそうです。ブルーライトの放出量の高いスマホやゲームってよく考えればより目に近い位置で使うことが多いですよね。うーん、これは確かに目に相当良くない。

実際にブルーライトが目や体にどういう影響を及ぼすかというと、ブルーライト研究会によれば、

  • 網膜へのダメージが強く、失明につながる可能性も高い
  • 角膜を刺激して、目・肩・腰の痛みにつながる
  • 目の筋肉を酷使してしまうので眼精疲労やドライアイをまねく
  • 脳が「朝の光だ」と勘違いして、眠れなくなったりする
  • 夜にブルーライトの光を浴びると太りやすくなる

などなど。体に及ぼす影響はとっても大きいみたいです。ひえー。

ただ、ブルーライトは完全な悪ではなくて、朝の光を浴びて体内時計をリセットするのも太陽光(自然のブルーライト)が作用していると言われているそうです。

使い方や対策をきちんと取れば大丈夫だからこそ、長時間、PCやスマホ・タブレットなどで作業や勉強するならPCメガネで対策を取りたいところです。

デザインがシンプルだけどおしゃれ

で、今回私が選んだのがJINSの「JINS SCREEN」なのですが、このJINS SCREEN、無印良品へもデザインを提供している有名なデザイナーであるJasper Morrison(ジャスパー・モリソン)がデザインしているそうです。

シンプル、だけど、なんだかおしゃれ。どのデザインも、野暮ったくならずとてもスッキリとしていて老若男女問わず似合いそうなデザインです。

ブルーライトカット率は、25%と40%の2種類。25%は普段の生活でもずっと使えるデイリーユースタイプで、40%は長時間のPC作業に向いているそうです。

OVAL(25%)(40%)

フレームはオーバル型で、色はコーラルレッド、ミッドナイトブルー、ライトブラウンデミ、マットブラックの4種類。誰がかけても違和感のないオーソドックスなタイプです。レンズは25%、40%の2種類から選べます。


【JINS SCREEN 25%CUT】ジンズスクリーン 25%カット-JINS(ジンズ)


【JINS SCREEN 40%CUT】ジンズスクリーン 40%カット-JINS(ジンズ)

WELLINGTON(25%)(40%)

フレームは長方形の四角い型で、色はシリーズの中で一番多い8種類(ピーコックグリーン、ライトグレー、マットブラウンデミ、マットブラック、コーラルレッド、セピア、ブルーグレー、ライトブラウン)。レンズはOVAL同様、25%、40%の2種類から選べます。


【JINS SCREEN 25%CUT】ジンズスクリーン 25%カット-JINS(ジンズ)


【JINS SCREEN 40%CUT】ジンズスクリーン 40%カット-JINS(ジンズ)

BOSTON(25%)

フレームは今流行りのちょっとレトロな丸い型。色はセピア、ブルーグレー、ブラウンデミ、マットブラックの4種類。レンズは25%のみです。


【JINS SCREEN 25%CUT】ジンズスクリーン 25%カット-JINS(ジンズ)

KIDS(25%)

KIDS用に少し小さめのデザインもあります。フレームはBOSTONと同じレトロな丸い型。色は大人よりもちょっと鮮やかなローズピンク、レッド、ネイビー、ブラウンデミの4種類。レンズは25%のみです。

コラボJINS SCREEN(25%)

ブランドやキャラクターとのコラボJINS SCREENも。私も2本目に手が伸びてしまいそうです。


【Moomin×JINS -SCREEN-】ムーミンコラボレーションフレーム スクリーン -JINS(ジンズ)


【LE BAIGNEUR×JINS(JINS SCREEN)】-JINS(ジンズ)


【LE BAIGNEUR×JINS(JINS SCREEN)】-JINS(ジンズ)

実はどのフレームでもPCメガネを作れる

ここまで紹介してきたJINS SCREENは大人用が全て5,000円(+税)、KIDSが3,000円(+税)ですが、実はJINSのメガネフレームであれば、フレーム代+5,000円(+税)でどれでもPCメガネを作れるみたいです。

私が店舗に行ったときは、フレームのセールをしているコーナーがあって4,000円のものもあったので、トータルで10,000円くらいから作れるということですね。

まぁ、ただJINS SCREENのフレーム自体がおしゃれだしお手頃価格なので、よっぽどこだわりがない限りはJINS SCREENシリーズのものを選ぶのがいいかなーと思います。

あとがき

JINS SCREEN、実際に使ってみると、なんとなく目の疲れが軽減されているような気がします。まだ使い始めて数日なのでもうしばらく使って様子を見てみたいところ。

でも、PCメガネだけじゃなく、おしゃれメガネとしても使えるので、本っ当にいい買い物したーと大満足です。ご機嫌です。

るんるん、るんるん。

Life
スポンサーリンク
a spoonful of(Learnaholic)をフォローする
Learnaholic

コメント

タイトルとURLをコピーしました